毎晩安眠したい方におすすめな色や素材とは

ブルーの薄い色が最適

夜にどうしてもよく眠れなくて困っている、明け方にすぐ目が覚めてしまってきちんと眠れた気がしないという人は社会的にも増えてきています。その対策としてカーテンの色を選ぶのは大切なことで、もしかするとそれだけで安眠できるようになるかもしれません。よく眠れない人にとっておすすめなのはブルー系のカーテンで、精神を落ち着ける効果があると言われています。逆に赤系や黄色系、ピンク系などは刺激が強いので眠れなくなってしまうことがあるので注意しましょう。また、薄い色で緑が少し入ったものなども自然な雰囲気を醸し出すのでリラックスできるようになります。好みのカラーと照らし合わせて決めるとよく眠れるようになるでしょう。

生地は厚めで遮光しよう

実はカーテンはどんな生地のものを選ぶかも重要で、その違いによって眠れたり眠れなかったりする人も少なくありません。無難なのは厚めの生地のカーテンにすることで、遮光性が高いものを選びましょう。外から光が直接入ってこなかったとしても、光によってカーテンが明るくなるだけで気になってしまって眠れないこともあります。また、紫外線のように目に見えない光が入ってきていることで無意識のうちに刺激を受けてしまっている人もいるでしょう。そのため、きちんと機能性を持っているカーテンを選び、厚めの記事にしてほとんど外からの光の影響をうけないようにするのが効果的なのです。ただし、朝が来たのに気づかないこともあるので起きられなくならないように気を付けましょう。