寝室を明るい雰囲気にするカーテンとは

カーテンはリラックス効果のある色を選ぼう

寝室を明るいイメージにしたい場合、面積の広いカーテンを明るい色にするのが手っ取り早い方法です。ただし、寝室は眠るための部屋です。カーテンはイメージだけで選ぶと失敗のもとになりますので注意しましょう。寝室のカーテンは、鮮やかな赤やオレンジ、黄色といった、興奮する働きのある色は避けた方が無難です。元気の出る色は、神経を高ぶらせてしまう効果があります。寝室に使うと、寝る前に神経が興奮してしまうため、安眠を得にくくなってしまいます。寝室には、青、緑、茶色など、リラックス効果のある落ち着く色が適していると言われています。全体を明るい雰囲気にしたい場合は、落ち着く色のグループから、ワントーン色みが明るいものを選ぶと、部屋全体のイメージが明るくなりますよ。

家具やインテリアとのバランスを取ろう

大好きな柄のカーテンも気分を明るくしてくれます。柄が大きいもの、イメージの強いものは、落ち着かなくなりがちです。カーテン柄の割合や部屋のインテリアとのバランスに注意しましょう。白いカーテンは部屋全体が明るくなる効果があります。さわやかな気持ちになる真っ白なカーテンですが、寝室にはベージュや茶系にトーンを落とした方が落ち着く効果は大きくなります。カーテンは面積の大きいものですので、できれば購入前に実際に広げてみてイメージをつかむことをおすすめします。家具や壁の色とのバランスも大事な要素です。薄手のレースと厚手のドレープのダブルカーテンなら、昼間と夜のイメージも変わります。昼間はドレープカーテンは開けておき、レースカーテンだけという使い方なら、レースカーテンの色味、明るさにこだわって選びます。夜にドレープカーテンを閉める時には、落ち着きカラーの面積が増えるようにするという手です。